メンズ髭脱毛に必要な回数

ヒゲ脱毛

よく脱毛に必要な回数は5~6回といった情報を見かけますが、男性の髭脱毛に限っては、効果の高い医療レーザー脱毛であっても5回では終わりません。

では、何回くらい回数が必要なのか詳しく解説していきたいと思います。

この記事を読んで分かる内容

脱毛が1回で終わらない理由
完全脱毛するには15回は必要
期間にすると1年~2年半
ビフォーアフターの真実

なぜ脱毛は1回で終わらないのか

まずはじめに、ヒゲ脱毛に回数が必要になってしまう理由を3つ説明いたします。

毛の成長のサイクルの影響

人間の体毛は絶えず「成長前期」→「成長後期」→「退行期」→「休止期」のサイクルを繰り返しています。

この生え変わりのサイクルを毛周期と呼ぶのですが、脱毛は毛周期のうち成長期の毛のみに効果があります。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、光が毛の黒色メラニンに反応し発熱することによって、周囲の細胞にダメージを与え脱毛をします。

そのため、毛乳頭と毛が密着している成長中の毛でなければ十分な効果を得られません。

退行期では、毛と毛乳毛が離れている上に、メラニン色素も薄くなりますので、効果的にレーザー光が反応しないのです。

また、ニードル脱毛のような毛穴に針を刺す脱毛方法でも、退行期には毛穴が固着し効果がある毛根深くまで針をさせません。

 

この成長期にあたる毛は体毛全体の20%ほどになります。

そのため、1度の脱毛で全ての毛を取り除くことは不可能なのです。

男性ホルモンの影響

髭は男性ホルモン(テストステロン)の影響で濃さを増します。

個人差はありますが、髭は20代中盤で生えそろい、その後も成長を続け40~50代でピークを迎えます。

ですので、脱毛期間中に新しい髭が生える事もありますし、脱毛後に少量の髭が生えてくるという事も起こりえます。

男性のヒゲは最も脱毛が難しい部位

ヒゲは体毛の中で最も太く、硬さも銅線に匹敵します。

また、毛根も深く密度も濃いためエネルギーが十分に伝わりづらい部位でもあります。

体毛の中で脱毛が最も難しい部位と言っていいでしょう。

 

そのため、脱毛できたと思っても、また生えてきてしまう毛の割合も多いのです。

髭脱毛に必要な回数

では実際に、レーザー脱毛1回にあたり、どれくらいのヒゲが脱毛できるのかというと、生えている毛の10%ほどの毛が脱毛できます。

計算上では、

5回で41%
10回で66%
15回で80%

減ることになりますね。

はじめのうちは脱毛効率もいいですが、ヒゲの総量が減るにつれ徐々に効率も落ちていきます。

 

メンズ脱毛大手であるゴリラクリニックも、脱毛完了の平均回数は15回と公表しています。

なかには、はじめから30回コースのあるクリニックもありますが、メンズ脱毛の臨床数の多いクリニックでは12回~20回を目安にしているところが多いですね。

ヒゲ脱毛は必要回数も個人差がおおきく、クリニックによっても脱毛完了としている状態に差があるので開きが出るのでしょう。

 

回数と効果の目安では、

5回  ある程度薄くする
10回  青髭を無くす
15回以上  ほとんど剃らなくて良い状態
20回以上  何も生えてこない状態

くらいを想定すると良いかと思います。

髭脱毛に必要な期間

髭脱毛は施術の間隔を1ヶ月以上あけるクリニックがほとんどです。

それは、前述した毛の生え変わりのサイクルと、肌へのダメージを考慮してのことです。

 

髭脱毛の平均回数でも登場しましたが、メンズ脱毛大手のゴリラクリニックでは施術間隔も公表していて「1~12回目までの照射間隔は8~12週間、13回目以降の照射間隔は12週間以上」としています。

最短で予約を取り続けても、ゴリラクリニックが脱毛完了の平均回数としている15回までは124週間ですので、2年2ヶ月かかる計算になります。

ほかのクリニックも、1年~2年半ほどかかるとしているクリニックが多いですね。

 

僕の実体験でも、完全脱毛は2年半かかっていますから、ツルツルを目指すのであればそれなりの期間の想定が必要になります。

ビフォーアフターの真実

これから脱毛をはじめようと思う方に注意点がひとつあります。

それは、脱毛後の経過についてです。

ヒゲ脱毛は、ヒゲを剃った状態でおこないますが、数日経つと自然と皮膚内に残った毛が体外に押し出されてきます。

このヒゲは、レーザー光により炭化し膨張していますので、以前よりヒゲが濃くなったように見えるかと思いますが、レーザーが効いていた証拠ですので心配いりません。

この膨張したヒゲが伸びてくる現象は「どろぼう髭」と呼ばれています。

 

そして、レーザー照射から2週間ほどで、髭がポロポロと抜け落ちはじめツルツルの状態になります。

ですが、さらに3週間ほど経過すると多くの髭がまた生えてきてしまいます。

この時に、生えてこなかったヒゲが脱毛完了したヒゲとなります。

 

『施術→ツルツル→再生』

 

と繰り返しながら徐々に脱毛は進行していくのです。

 

この一時的にツルツルの期間は、永久脱毛の出来ないエステサロンの脱毛であっても起こります。

ですので、3週間程度のビフォーアフター写真では1番ツルツルになる時期ですので参考にはなりません。

 

脱毛ブログなどを参考にされる場合には、2ヶ月近く間隔が空いている写真を参考にしましょう。

髭脱毛の回数まとめ

・完全脱毛は15回以上は想定しておいた方がよい
・期間では1年~2年半はかかる
・施術後は一時的に大きく減り、復活を繰り返しながら脱毛が進む

髭脱毛は完全脱毛を目指すと回数がかかりますが、効果が出始めると手入れもどんどん楽になっていきます。

結果を焦らず、長い目を持って脱毛に取り組みましょう。